カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • SALOMON SHADOWFITバインのススメ

早くも来期の注目、話題になっている

中井孝治氏監修のバインディング、SALOMONのDISTRICT HPS

 

DISTRICT HPSはSALOMONのSHADOWFITシリーズのバインディング

DISTRICTをベースに設計されています。

このSHADOW FITですがここ数年特に注目度が高く

他のブランドにはないその使用感は1度使用すると病みつきに・・・

本日はこのSHADOWFITが他ブランドとどう違うのか、またその特徴をまとめてみます

 

SALOMON SHADOWFITのススメ

 

ヒールカップが柔らかい

SHADOWFIT最大の特徴はなんといってもヒールカップの柔らかさ。
 
 
 
 
 
 
手の力でもグニョグニョグニョグニョできるほどに柔らかいヒールカップにより

足の動きに合わせてびったりバインディングが付いてくる新感覚。
 
ヒールカップの内部からつま先に向かって伸びたケブラーワイヤーが

ヒール、サイド、足先までをぐるりとサポートします。
 

高いヒールカップ

左はBURTON GENESIS
 
他ブランドと比べるとヒールカップの高さにも他ブランドと違いがあります。

写真はBURTON GENESISとの比較ですがそもそもヒールカップが高い位置にくるのがわかります。

高くそして柔らかいヒールカップはアンクルストラップを

装着することで足首360°のフィッティングをもたらします。
 
SHADOWFITはただただ柔らかいバインディングではありません。

使い心地は非常にマイルド(硬く感じない)でありながら体の動きは

逃すことなくボードへ力を伝達します。
 
SHADOWFITモデルはいずれもベースプレートが

しっかりしている(硬め)ので思い切り踏み込める安心感もあります。
 
またヒールカップが柔らかいことでブーツが痛みづらい

長く使用できるというメリットも嬉しいところです。
 
 

19-20モデルSHADOWFITモデル

DISTRICT HPS
 
噂のニューモデル

中井孝治氏が監修したDISTRICT HPS

来期も継続のボードHPS TAKA NAKAI x VOLLE NYVELTとのパーフェクトマッチング。

通常ラインのDISTRICTよりもややハリのある設定で

高速域での安定感とSHADOW FITのもつ柔軟さが絶妙なバランスで設計されています。

これならナチュラルでスピンができるかも・・・

 
HIGHLANDER
 
DISTRICT HPSよりも硬めのベースプレートを採用。

よりパワーのあるライディングを求める方におすすめです。

いずれのモデルも温度変化をうけづらく常に高いホールドをキープする

ハイエンドの、SHADOWストラップ採用となっています。
 

フリーラン好きならマストのSHADOWFIT。

ターンが変わります。是非お試しください。
 

SALOMON PROシリーズはオンラインショップでの販売は不可となっております。

ご購入、ご予約をご希望の際は下記スパイニー までお電話、メールにて

ご連絡をお願いいたします。
 

SPINY
0463-73-8379
office@spiny.co.jp
www.spiny.co.jp
神奈川県平塚市南金目102 湘南ブラッシュ内
まで、お待ちしております。