ホーム
0
カテゴリー
セール・予約
コンテンツ
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • NOVEMBER19-20 新旧 DESIRE 変更点をチェック

 

グラトリ、ジブといったフリースタイルライダーに人気の

NOVEMBER、DESIRE(デザイア)が19-20シーズンは

さらにアップデートされています。

フレックスの変更だけでなくダイレクトに乗り味も変わる

ベンドの変更などなど18-19モデルとの比較で変更点をチェックしていきます。

 

 

19-20モデル

 

18-19モデル

 

 

猫が強そうに


 

 

室内温室育ち(多分)のかわいい黒ネコちゃんから

野性味溢れるネコへと変貌を遂げています。

ライディングもワイルドに、さらにもう1プッシュ!

自分の限界を引き上げてくれることでしょう。

 
 

アウトラインの変更

 

左19-30モデル、右18-19モデル
 

ラウンドノーズ/テールだったアウトラインは特徴的なやや角が出た

シェイプへと変更されました。浮いてるから関係ないと思いきや

テール、ノーズに乗りに行くようなトリックにはこうした形状が

安定感に一役買います、そして単純にかっこいい!

 

中身といえばノーズ、テールにはカーボンを使用することで

素晴らしい反発とポップ感を感じられるはずです。

スタンス感は相変わらず操作性の良い柔らかさで直感的に

足を動かすことを可能にしています。

 
 

フルキャンバーへと変更


19-20モデル フルキャンバー
 

18-19モデル フリーキャンバー
 

今期最大の変更点といっても過言でもないキャンバーの変更点

上が19-20モデル、下が18-19モデルの写真ですが

地面に置いた時に接している面積が全然違うことがわかります。

 

フルキャンバーはより強いエッジグリップ、より高い反発を生み出します。

またオーリーのタイミングもとりやすいといったメリットがあります。

初級者などにはエッジのひっかかりが少なく感じられ、逆エッジも

しづらいといった特徴のあるフリーキャンバーですが

よりステップアップ、ネクストステップへとサポートするための

変更となっています。
 
やっぱりフルキャンバーのパワー
カービングの安定感といったら抜群です。
 
 

新素材の採用


左19-20モデル、右18-19モデル
 

ニューモデルDESIREはグラファイトソール標準装備!

静電気を帯びにくいグラファイトソールは滑走性能を下げる

原因となるチリ、ホコリが付着しづらく

ソールに使用される素材の中でも最も滑走性能に優れた素材です。

 

また新たに採用されるのがFM2 CORE。

以前ご紹介したNOVEMBERのフリーライディングモデル

BACK CITYにも搭載されている新素材で

BACK CITYに関しての記事はこちらからどうぞ

試乗レビューで触れていますが驚くほど軽いんです。

ジブ、グラトリで非常に重要なスウィングウェイトを

旧モデルよりもさらに軽減しています。

 

 

 

ざっくり、かんたんにまとめた新旧DESIREの違い

参考になったでしょうか?

もちろんその他にも細かいアップデートがされていますので

その違いは是非、すでに入荷している現物を見ながら店頭で!

 

仕様が異なる2つのDESIREですが、だからこそどちらも魅力的。

自分の技術、スタイルにはどちらが合ってるかわからないといった方は

どうぞお気軽にご相談ください。

 

 

18-19モデル、19-20モデルともにオンラインショップでも

ご覧いただけます。

>>> ノーベンバー デザイア グラトリ