カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • スケボーでスノーボードはうまくなるのか?!

 

スケボーでスノーボードはうまくなるのか?!

最近では店頭でも良く聞かれるこの質問・・・

もちろんうまくなるでしょ!

いやあまり関係ないでしょ〜・・・

と解釈は個人差がありますが実際のところどうなんでしょう・・・

 

有名なライダーやスノーボードが上手な人の中には

スノーボードに加えてスケボーorサーフィンを楽しむ方が非常に多いですよね。

もちろん単純にそれぞれが楽しい!というのが1番なわけですが

やはりそれぞれがリンクしあっていて、体感、感覚に通づるモノがあるからこそでしょう

(スパイニー スタッフはサーフィンはしないので今回はそこは割愛・・・)

 

ではスケボーをすることでスノーボードがうまくなるのか?!

スタッフの体験ももとに具体的にどこが!どう!スノーボードに

影響をしてくるのかを見ていきたいと思います。

 

.ボードのセンターに乗る重要性がわかりやすい

 

 

当然スケートボードにはバインディングがないので足は固定されていません。

スノーボードとは比べものにならないくらい転びやすいものです。

スノーボードでは多少テール方向によっかかったところで転びませんが

スケボーではそういうわけにはいきません、一瞬にしてまくられスケボーは

前方にふっ飛んでいくことでしょう、体は地面へ・・・。

前後左右、全方向のセンターをキープする必要があり

スノーボードに比べて、乗る位置、姿勢が非常にシビアです。

 

考え方を変えれば

 

転ばない許容範囲が広いだけでスノーボードにも乗る位置、姿勢のセンターがあります。

ごまかすことができないスケボーでこれができれば間違いなく体幹はアップし

おのずとスノーボードでも正しくボードのセンターに乗れるようになるのではないでしょうか。

 

.パンピングしてますか

 

スノーボードは当たり前ですが斜面を滑る(下る)もの。

ボードの先端を下に向ければ進みます。

究極パンピングをしなくてもスノーボードは滑ることが可能です。

 

スケボーはどうでしょう?

ダウンヒルといって、スノーボードと同じように坂道を下るカテゴリーも

ありますが基本的には平らなところから始まり、僕らが普段楽しむ

ボウルやミニランプにも必ず平らなボトムがあります。

RからRへボトムを走ってボウルを周り続けるにはパンピングが必要不可欠となります。

※R=ハーフパイプのようなラウンドした壁の総称、またラウンドしていない壁はバンクと呼びます。

 

スノーボードのハーフパイプを想像してみてください。

両サイドのRとボトムは下に向かって斜面になっていますが

これが斜面になっていなかったらどうでしょうか?

きっと最後までたどり着けず止まってしまいます。

 

スケボーも同様に、簡単そうに見えるミニランプの往復も

パンピングができないとせいぜい3〜4往復で止まってしまいます。

常に自分の力で漕ぎながら、様々なトリックを繰り出さなければならない

スケボーは斜度と勢いに頼る事ができない分、スノーボードと比べて

パンピングの重要性が格段に高いと言えます。

 

スノーボードが上手な人はとにかく転ばない、そして速い。

同じ緩斜面を滑っていてもどんどん離されていくなんていう経験ありませんか?

それはパンピングが上手だから速いのです。

カービングの荷重抜重もつまりはパンピングですし

加えてスケボーでパンピングが身につくといままで見えていなかった

細かい地形の変化に気づく事ができるようになります。

 

カービングでのパンピング、地形を使ってパンピング

スノーボードでパンピング、してますか?

 

 

.正しい軸の取り方


R、地形に対して正しい軸をとっている状態
こうすることでスケボーはスムーズに登っていきます
 

Rに対して状態が被っているとスケボーは登ろうとせず
ノーズの高さにも違いがでている事がわかります

 

次にパンピングと同様に重要なのが地形に対しての軸のとり方です。

スケボーは平らなところをベースにして滑るので、軸の取り方というのが非常に重要です。

スケボーで転ばない1番の秘訣は常にボードに対して90°に軸を保つことですが

これはRや地形をスムーズに登ることにも役立ちます。

90°の状態でRに入れればスケボーはスムースに駆け上がってくれるのですが

少しでもRに体が被ると(前足側に体が寄った状態)自分の体が邪魔をしてスケボーは上に登って行かなくなります。

上に登らないという事はじきに失速、止まってしまいます。

 

上の写真をスノーボードに置き換えればハーフパイプの抜けが良くなり

コース横の壁もさらに高いラインを滑ることができるようになります。

 

斜面を下る力+パンピング+軸の合わせ方、これらが備わることで

速く、ラインは高く、フリーランが変わります!

 

 

4.最初から楽しめるミニランプ、ボウルのススメ

 

スケボーは難しそう、痛そう・・・・

おそらくそんなイメージがほとんどだと思いますが。。

過去開催の体験レッスン等でケガをした人はいませんし

ミニランプは最初のパンピングでコツさえ掴めば意外にもトリックの習得が早く

楽しみながら続けていける魅力があります。

スケボーと言えばまずはオーリーでしょ?

若い時にやっていたけどオーリーで挫折して・・・・

いいのです、この際オーリーはできなくたって!

オーリーができなくても楽しめるのがミニランプ、ボウルです。

楽しい事だけ続けていればオッケーオッケー。

 

 

5.ずばりスノーボードはうまくなる!

 

正直スケボーでミニランプでいくつかトリックができるくらいでは

なかなかスノーボードとリンクする実感は得づらいと思います・・・

(間違いなく転びづらくはなっています!)

今回説明したような例のようにスケボーを楽しむ事で確実にスノーボードに

良い影響を及ぼすことは間違いありません。

 

ずばり

足が固定されない!小さい!不安定!

なスケボーに乗れるようになったらスノーボードがうまくならないわけがない!

 

最後はいきなりざっくりしてしまいましたがそんなスケボーを

今年のオフこそははじめてみてはいかがでしょうか。

 

スパイニー では隣接するスパイニー ボウルとミニランプを利用して

未経験からはじめたての方までを対象としたスケボーレッスンも

随時開催しておりますのでご興味があればお気軽にご参加ください。

 

 

キッズから大人まで常時開催のレベル別スケボーレッスン

未経験から経験者までレベル別に参加できるスケートボードレッスンです。

詳細と参加申し込みは以下のリンクからどうぞ


(予約申し込みページへジャンプします)

クービック予約システムから予約する