カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • パウダーボードの選び方
パウダーボード

パウダーを気持ちよく滑りたい。

最近ノーズが尖ってるボードをよく見るけど、どうなの?
まだまだパウダーボードには頼りたくない。けど、気になる。。

ディープなパウダーもなんのその。
普通のボードでは埋まってしまって抜け出すのにも一苦労なパウダーエリアを
軽快に走り抜ける魔法のスティック・パウダーボードが欲しい!

がしかし!

そもそもパウダーボードってどうやって選ぶの?ていうかパウダーボードって何?
そんな方々に向けて、パウダーボードの選び方のコツをご紹介いたします。

 

パウダーを心地よく快適に滑るには、当然パウダーで浮いてくれるボードが必要

パウダーを心地よく快適に滑るには、当然パウダーで浮いてくれるボードが必要。
ではパウダーで浮いてくれるボードとはどんなボードでしょうか。

  • ボード形状(シェイプ)
  • ノーズの上がり具合
  • バインディングを取付ける位置(セットバック)

快適に操作できるパウダーボードはこの3つが重要です。
それぞれがパウダーでどんな効果があるのか説明していきます。

 

乗りやすいパウダーボードのシェイプとは

一括りにパウダーボードといっても様々なシェイプ、乗り心地があり
特徴的なパウダーボードのシェイプと言えば、長くて尖っている、太くてテールが
割れているなどありますが、今回は乗りやすさにポイントを置いてご紹介いたします。

太くて、長ければ面積が増えて高い浮力をもたらしますが、パウダーの中でも
快適に操作をするとなると太ければいい、長ければいいというわけにはいきません。
日本の山は地形やツリーランが多くパウダーだからこそ操作性が重要です。

ゲレンデ脇や、パウダーコースを自由に楽しみたい方が
はじめてパウダーボードを選ぶ場合は、浮力と操作性のバランスが良い

  • 少し長め(160cm前後)の細めのパウダーボード
  • 少し短め(154cm前後)の太めのパウダーボード

こういったタイプのパウダーボードを選ぶといいでしょう。
ダントツに楽しみが広がります。

 

ノーズの上がり方と浮力との関係性

テールが割れている(スワローテール)ボードなど、特徴的なシェイプに
目がいきがちですが、パウダーで楽に浮くためにはノーズの上がり方が重要です。

通常のフリースタイルボード(下)とパウダーボード(上)を重ねた画像
パウダーボードは前足の乗る位置位からノーズが上がりはじめているのが分かる

ノーズの上がり具合が長く、高く上がっていると浮力が向上します。
ただし、長くなればなるほど、高くなればなるほど操作は難しくなってしまうので
ご自身のレベルに合わせたボードを選ぶのが重要になります。

乗る位置が5mm変わると滑りが変わる

パウダーボード(左)、ツインチップボード(右)
両方ともにスタンス幅53cmにてセッティング

パウダー初級者が滑る際は、後ろ荷重の態勢のままでターンすることが難しく
疲れやすくなり、足がパンパンになってしまいます。

パウダーボードは、バインディングを取り付ける位置が基本的に後ろ(テール)側に
セッティングされています。(これをセットバックと言います)
そのため、自然とノーズが浮きやすくいつもと同じ姿勢で乗っても
パウダーを思い通りのラインで滑る事が可能となるのです。

それでは上記3つのポイントを参考に具体的なパウダーボードの種類をみていきましょう。

 

タイプ別パウダーボード

操作性バツグン!
パウダーの滑り方を身につけることに最適なボード

 

ボード:CASSAVES SPEED CRUISER 158.5  日本製

軽い操作ができる少し細めなシェイプのパウダーボード。
ノーズの上がり具合とセットバックで快適な浮力を維持しつつ、ターンがとてもしやすいのが特徴。
ゲレンデ脇のパウダーや壁からツリーランまでパウダーの楽しみ方を覚えやすく上達しやすいボードです。

パウダーボードはまだ早いかな?と思っているけど、気になっている方にも最適なボードです。

【購入者レビュー】

・想像していたよりパウダーで楽に滑れます。
パウダーじゃない日でも乗り心地がいいし、ソールがよく滑って早いので
なんだかんだと普段もスピードクルーザーを乗っています。?

・まだパウダーボードは早いかなと思っていたけど
フリーランの楽しいボードを探していてオススメされて購入。
パウダーが今までもよりも最高に楽しめるようになりました。
普通のボードより値段は少し高めですが品質良く長く使えそうです。

 

初めてのパウダーボードにオススメ。ぜったいに沈みたくないあなたへ

scooter vernier
ボード:SCOOTER DAYLIFE VERNIER 日本製

少し太めで、セットバックされているパウダーボード。
前足を踏み込んでしまっても沈まないほどの浮力は感動もの。

パウダーが苦手な方を、パウダー好きにさせてしまうほど。
サーフライドな地形ライディングもスムースです。
パウダー初級者へ男女ともにオススメのモデル。

【購入者レビュー】

・パウダーではまらなくなりました!
今までの苦労はなんだったのかと思うほど楽にパウダー滑れます。
滑った後も後足がパンパンにならなくて楽ちんです。

・サーフィンのように滑りたくて、違うボードを探しているところに
バーニアをオススメされて購入。言われた通り滑りがいいのでストレスなく
パウダーもカベも楽しめています。春先のシャバ雪も楽しめています。

 

さすがの安定感
バートン最高品質素材のパウダーボード

ボード:BURTON 17-18限定 CON ARTIST 152 オーストリア製

今期のレイトモデルとしてリリースされた
BURTON FAMILY TREEの名作CONARTIST(コンアーティスト)

アメリカのBURTON本社内にあるファクトリーCRAIG'Sにてハンドメイドで生産される限定モデル。
抜群の浮力と圧雪面での走破性を併せ持ち、152cmの全長はタイトなツリーもなんのその。

やや硬めのフレックスもあり短くても安定感があります。
まさに日本のパウダーシュチュエーションにうってつけな1本。
ノーズに比べ、テールが20mm細くなっているテーパードシェイプはタイトなツリーなどの
シュチュエーションではテールを軸に操作しやすく高い機動力をもたらします。

【購入者レビュー】

・どこでも、どんな雪でも楽しいボード。短いけどスピード出しても
安定しててバックカントリーでも活躍しています。
コンアーティストがあればどこでも行けちゃう感じがする。

・masaさんが作ったボードが好きで、その中でも一番乗りやすく気に入っている。
パウダー以外でも楽しめるので1番使用頻度が高い。

 

長さゆえの安定感と驚きの操作性

ボード:CASSAVES Mt.CRUISER 161 日本製

軽い操作感と最速の初速スピードで乗り心地の良さをすぐに実感できます。
初速が速いので浮力もつかみやすく、沢地形やツリーランでも快適なライン取りが可能な魅力的なボード。

少し長めの緩やかに上がるノーズ形状と、選択肢の多いセットバックによって
どんなコンディションでも対応できる懐の深さ。
1度このスピード感を味わったら他のボードが遅く感じてしまうでしょう。
とにかく乗りやすいパウダーボードを探している方にオススメのボードです。

【購入者レビュー】

・乗りやすくて、速くて言うことなしでした。
長さが気になるかと思いましたが、乗ったらまったく気にならずちょうど良く感じました。
他の人と被らないのもポイント。

・フリーランの安定感、パウダーでの安心感、長さを感じない操作感いいボードです。

 

貴重な日に使うからこそ、乗りやすさと品質を

ライディング・スタイルの多様化が進んでいる昨今、たくさんの種類
カテゴリーのボードが増えてきています。情報、選択肢が増えた反面
自分に合うボードを選ぶのが難しくなってきているのも現実。

パウダーは最高な1日を演出してくれます。是非今回のポイントを参考に
信頼のできる品質、滑走性能を持ち合わせたお気に入りの1本を見つけてみてください。
思い通りのラインを描ける乗りやすさ、滑走性の良いボードで颯爽と滑りはじめたなら
きっと素敵な1日となるでしょう。


ご不明な点、ご質問等はお電話、メールにてお気軽にお問い合わせくださいませ。
商品、ライディングに長けた専門のスタッフが対応いたします。

SPINY
0463-73-8379
office@spiny.co.jp
www.spiny.co.jp
神奈川県平塚市南金目102 湘南ブラッシュ内
まで、お待ちしております。