カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
  • ホーム
  • 19-20 Model SCOOTER ハイスピードパウダーモデル "Machs"

18-19シーズンよりデビューした

SCOOTERのニューモデルMachs(マックス)

 

来期19-20モデルは早くもレディースサイズが追加されるなど

今期の好評ぶりが伺えます。来期も要注目のMachsをご紹介します。

 

 

コンセプトはそのままにモールド、キャンバーをアップデート

 

ハイスピード時のパワー、キレ、グリップのしっかりしたカービング

パウダーでの浮力を兼ね備えるボードのコンセプトはそのままに来期は

モールド、キャンバー形状が変更されています。

 

SCOOTERの代表モデルSCTにも採用される複合Rのサイドカーブ

パワーカーブ(これがめちゃめちゃ気持ち良い!)が新たに採用され

低速から高速全ての速度域において安定感があり抜けの良いスムースなターンを可能にしています。

 

 

キャンバー構造は足元のキャンバーをノーズ方向へ延長。

ノーズロッカーにありがちな前足を踏み込んだ時の詰まる感じも軽減し

カービングの安定感アップとボードの反発をより感じやすくなっています。

比較されるデイライフバーニアとはこの辺りも大きな違いとなります。

 

マックス / Sキャンバー = 強いエッジグリップ、カービング時の安定感 

デイライフバーニア / Sロッカー = 浮力とパウダーでの操作性


 

ハイスピードの安定感と操作性

 

試乗の印象は昨年モデルよりハリが強くなった印象で高速でもドッシリとしていて

ノーズロッカーながらノーズのバタツキさえ全くない安定感。

カタログの文言を読む前に試乗していますがアップデートの内容と体感がどんぴしゃり。



細かく遊ぶというよりノーズを下へ下へ、どんどんスピードを出したくなります。

低速での操作が難しいということもなくハイスピードでの安定感と操作性が

素晴らしく気持ち良い1本です。

 

かたや上の写真、白馬でのツリーランですがアプローチもランディングも

かなりタイト、こうしたシュチュエーションにも対応できる操作性も兼ね備えています。

 

 

パウダー中・上級者がハマるマックス

 

ゲレンデのパウダーコースはもちろんツリーランなどで

まだ不安があるなという方にはデイライフバーニアをおすすめします。

間違いなくパウダーライディングが楽しくなりネクストステップへと行けると思います。

 

ではマックスはそんな状況でもある程度思い通りのラインで滑ることができる

パウダー中・上級者におすすめしたいボード。

圧雪、パウダー問わずハイスピードでの安定感と

しっかりとしたキャンバーの操作感(マニュアル感)が面白い1本です。

 

写真はスパイニーおなじみTADPOLEケンゾー。

白馬のガイドカンパニー番亭の一員でもありシーズン中は

ほぼ毎日のように山に上がります。

SCOOTER SPLIT-JACKをメインで使用していますが

ソリッドボードは彼もこちらのマックスを使用。

 

ただ決して硬すぎるプロ仕様のモデルというわけではないのでご安心ください。

 

 

SCOOTER 19-20 Model

MACHS 156



89,000円(税抜き)

シェイプ:ディレクショナル

ベンド:Sキャンバー

size:156

基準スタンス:560mm

有効エッジ:1150mm

接雪長:1100mm

ノーズ幅:302mm

ウェスト幅:258mm

テール幅:296mm

サイドカーブ:Avg7.86m

セットバック:0mm(接雪基準)

 

 

オンラインショップではこちらのMachsと併せて

来期Scooterの先行予約を受け付けております。

>>> スクーター パウダーボード マックス